生活習慣との因果関係

生活習慣との因果関係

生活習慣の乱れが続いてくると生活習慣病という病気を発症するリスクを高めると言われていますが、生活習慣の中でも特に食事や睡眠、適度な運動というのは重要な部分であり、これらはAGAとも関わりがあります。

薄毛に悩んでいる場合にAGAクリニックを利用して医師に診察してもらうという選択肢もありますが、こうなってくると時間がかかることや費用がかかることから、できればAGAクリニックに通う必要がある前段階で薄毛の状態を改善したいものです。

そう考えると生活習慣を改善することが一つのポイントになってくるのですが、頭髪が成長することができるのは食事の他なく、爪や皮膚が食事の栄養分で成長するのと同じように髪の毛も同じ機序で生成します。

また、いくら栄養分を摂取していても睡眠不足によって内臓器官の働きが弱くなっていると安定して栄養分を体に循環させるための血液の流れも悪くなってしまうため、結果的に健康な頭髪は生えなくなってしまいます。

AGAクリニックで治療を受ける場合は主に医薬品タイプの育毛剤を使用することになると思いますが、育毛剤で頑張って頭髪の生成を促しても生活習慣が乱れた状態だと根本的な改善は難しいということも忘れはなりません。

また、運動不足の人は基礎代謝が下がってしまっている影響から頭髪に対して栄養分が供給されにくい体質を作ってしまっている可能性もあるので、ジョギングなど体に負担のない範囲で運動をすることも大切です。